Now Loading...

水辺の事故に関する調査結果を発表
必要なのは「正しく知ること」

海水浴客は減っているのに、 遊泳中の死亡事故は減らないという事実

日時:2018年7月7日(土)13時~15時30分
場所:日本財団ビル1階(港区赤坂1-2-2)

日本財団は、「水辺の事故」に関して各庁や団体(海上保安庁・警察庁・日本ライフセービング協会)が発表している過去5年間のデータを取りまとめ、分析を行いました。
その結果、毎年1000人近くが水難事故で命を落とし、そのうち約7割が「海」での事故だったことがわかりました。
子どもたちの犠牲者は、平均すると、毎年1クラス分、30人にものぼります。
事故発生当時の状況は、決して特殊なものではありません。
「晴れた日」「遊泳可能な海水浴場」「複数での行動」など、ごくありふれた状況で事故の多くが発生し、「飲酒して泳ぐ」「遊泳禁止区域で泳ぐ」などの危険な行動を伴っていた人は、4割にとどまっています。
海水浴客は年々減少傾向にあります。それにも関わらず、遊泳中の死亡事故は横ばい状態となっているのです。

【分析調査の使用データ】

海上保安庁「海難の現況と対策(平成24年~平成28年)」
警察庁「水難の概況(平成24年~平成28年)」
日本ライフセービング協会「ANNUAL REPORT(2012~2016)」

【PDF版】概要はこちらから

親子で学ぶ海のそなえ教室

日時:2018年7月7日(土)13:00~15:30(プレス受付11:00~)
場所:日本財団ビル1階(港区赤坂1-2-2)

<第1部(13:00~13:20)>

1.データ分析に基づいた調査報告 日本財団 常務理事 海野光行

<第2部(13:20~14:35)>

2.「みらいへの一歩 子どもたちのために 子どもたちと一緒に」一般社団法人吉川慎之介記念基金代表理事 吉川優子

3.「自然を楽しむことは発見の連続~生命は自分で守ること~」グローブライド株式会社 マネージャー 吉川隆

4.「海に生かされる子どもと地域」一般社団法人そっか 共同代表 小野寺愛

5.「海辺での遊びで水難事故を避けるため知っておきたいこと」なぎさ総合研究所 所長 宇多高明

<第3部(14:45~15:15)>

6.参加親子によるレクリエーション ※第 2 部まで子どもは別室でライフジャケット着用などワークショップを受講

当日の模様は後日、本Wedサイトにて掲載いたします。