見出し画像

海が好きな想いを共有するマガジン「みんなと海のノート広場」を作ります!

わたしたち「海のそなえ推進プロジェクト」は、子どもの海の事故ゼロを目指す活動をしています。

「海での悲しい事故を無くし、豊かな海体験を楽しんでほしい」と願う先には、「海をもっと好きになってほしい!」という大テーマがあります。

かけがえのない海。
でも、身近にないとその気持ちを思いだせなくなることがあります。
身近にありすぎても、忘れてしまうことがあります。

ところが、みんなで海にまつわるエピソードを話したり聞いたりすると、海への想いがふわっとよみがえるんですよね。

わたしたちは、そんなひとりひとりが持つ海への想いを、noteで発信するみなさんと共有する場所を作りたいと考えてきました。

「大好きな○○海岸のこと」はもちろん、「子連れで海に行ったときに便利だったもの」、「子どもの頃の海でのハプニング」など、実用的だったり、体験談だったり、その人なりの海の話をたくさん集めたら、なかなか海に行けていない人も海を身近に感じられると思うんです。

そこで、わたしたち事務局の視点から「ぜひご紹介したい!」と思った投稿を、このマガジンで紹介させていただきます

いろんな海にまつわる投稿に触れ、想いを馳せたり「自分だったらどうだろう?」とふり返ってもらう場所になりますように。

※お願い※
「海のそなえ推進プロジェクト」事務局の視点で、海への想いに共感した方の投稿をご紹介させていただきます。
シェア記事内にご自身の想いと合わない内容があり、取り下げをご希望などございましたら、フッターの「クリエイターへのお問合せ」から「掲載取り下げ希望」の旨、ご連絡ください。

今後も海や子どもにまつわる情報を発信していきます。 ぜひ公式Twitterをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。

海のこと、語り合いましょう。
11
減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

こちらでもピックアップされています

みんなと海のノート広場
みんなと海のノート広場
  • 36本

海が好き。海へ行きたい。世の中にあふれる海への想いを、編集部目線で集めさせていただきました。世の中に広がるたくさんの素敵で役立つnoteを、ぜひご一読ください。なかなか海へ行けなくても、海と私たちはつながっています。