見出し画像

トゲを触っちゃダメな理由が分かる、「海の危険生物 砂浜&磯場編」ムービー完成

お待たせしました!浜辺や海辺へ行く前に見て欲しい、「海の危険生物」についてをぎゅぎゅっとまとめたムービーが完成しました。全3作です。

第1弾は「砂浜・磯場」編。紹介記事の執筆担当は、事務局磯野です。

私、名前の通り、生まれも育ちも海の近くの漁村。小学生時代の夏休みには毎日素潜りをしていたくらい、磯場には慣れ親しんでおります。が、動画を見てオドロキの連続。

見たことの無い生物が浜に打ち上げられていればつついていたし、ビーチサンダルで海へ行ってたし……。これって、意外と危ない行為だったんですね。

そんな、「もう海のことは知ってるよ〜」という方にもみていただきたい動画になっています!

解説は水族館勤務25年、海の危険生物のスペシャリストである大鹿達弥さん

画像1

(さすが、貫録があります!)

本記事では、動画を見る前に少しだけ中身をご紹介します。動画のURLは最後に記載するので、ぜひ最後までお読みくださいね。

待ち切れない方はコチラから動画をどうぞ!


砂浜、磯場へ行くときのポイント

海の生物を観察に行くとき、気をつけて欲しいのが服装。
いくつかポイントがあるようで…
・日焼けをしないよう、肌の露出を控える
・熱中症対策として帽子をかぶる
・手を守るための軍手、靴はマリンシューズ
・ライフジャケット着用で安全性アップ
とのこと。

くわえて、磯場は海藻やコケですべりやすいため、足をふみしめながら次の足場をたしかめて歩くのが最優先だそう。くれぐれも岩場から岩場へ飛び移るなどは止めてください!転ぶと、本当〜に痛いですからね……。

ビーチサンダルはくるぶしなどが無防備になるため、できるかぎりマリンシューズなどが良いそうですよ。

私の地元には岩場の海水浴場があったのですが、くるぶしまで隠れる靴下を履いて、海で泳いでいたのを思い出しました。石の上を歩くとき、サンダルだと脱げやすいんですよね。。みなさん、気をつけてください!


危険生物、続々登場!

海での移動方法を学んだら、お次はいよいよ危険生物たちがお目見え。

★危険生物その1「フジツボ」

画像2

岩場にびっしりくっついているのを見かける、アレです。転んで手やひじをぶつけたら、かなり痛いので注意!


★危険生物その2「ムラサキウニ」

画像3

トゲが鋭いので、踏むとかなり危険。見えない場所にいることもあるので、海ではできるだけ、マリンシューズのような、底がしっかりしたものを履くようにしましょう。


★危険生物その3「ガンガゼ」

画像4

かなり危険だという、ウニの仲間。鋭利なトゲには返しがついていて、刺さると抜けにくいそうです……。考えただけでも痛いですね。。磯場の見えにくい場所に潜んでいるので、要注意です!

<大鹿さんの思い出>
水族館での水槽の清掃中、残っていたガンガゼのトゲが刺さり、生爪をニッパーで切って処置をしました。。本当に痛かった……。

聞くだけでも痛いですね。皆さん、気をつけてください。。


砂浜でも発見!海の生物

舞台は砂浜へ移動し、早速大鹿さんがクラゲを発見。

画像5

ぷるぷるの見た目は、つい触りたくなってしまいますが、気のゆるみはNG!漂着している生物はいずれにしても、むやみに触ってはいけません。死んでいるようにみえるクラゲにも、まだまだ毒があり、刺される可能性があるのです。

もし刺されたら、直接手で触れることは避け、割りばしなどで取り除きましょう。海の生き物なので、海水で洗うのがベター。軍手などをして、海水で洗い流して応急処置を!


最後に、海辺のゴミの見分け方についてポイントで紹介。流木や海藻は浜辺に生息する小エビや虫のエサになるので、人工物のみを拾うようにしましょうね。

画像6


動画はココから

動画では記事で紹介した以外にも、海の生物が登場しています。

毒を持っていたり、トゲがあったり、最近はテレビや書籍でもよく取り上げられている「危険生物」。ですが、彼らだって単に毒を持っているのではありません。エサを取るためや身を守るために備わった、必要な能力です。

その面も理解し、海の生物の生活を邪魔せず、自分たちも楽しく海を満喫できるよう、危険なポイントをしっかり押さえておきましょう!

見終わったころには、あなたも危険生物博士!大鹿さんと近藤リポーターの掛け合いがクセになって、あっという間に見終わるので、ぜひご家族やお子さんと一緒にごらんくださいね。

今後も海や子どもにまつわる情報を発信していきます。 ぜひ公式Twitterをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。

うれしいです!!!絶対またきてください!!!
7
減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

こちらでもピックアップされています

海の学びDATAノート
海の学びDATAノート
  • 14本

ご家庭や学校で使える、海について学べる教材やマニュアル、情報を公開しています。海の危険生物やライフジャケット着用方法など、海で役立つ知識や情報を詰め込みました。