新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【2020年4~5月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(スポーツ庁、海上保安庁)まとめ

毎年、海や川などの水辺にいく機会が増える夏に向けて、スポーツ庁と海上保安庁から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。

※このページでは、2020年4月から5月までに通知された情報をまとめました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第2波や第3波が懸念されている今、わたしたちはどのようにそなえて、海や水辺と接すればいいのか。これまでに経験したことのない事態に、不安を抱えている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

官公庁による最新の情報を得て、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや心がまえに、ぜひお役立てください。

スポーツ庁「水泳の授業は密集・密接の場面を避け、事故防止措置と安全管理の徹底を」(4月1件、5月1件)

2020.04.28
文部科学省スポーツ庁「水泳等の事故防止について」
例年、スポーツ庁には、飛び込みスタートによる事故や、入水の際の無理な息こらえなどによる事故事例が報告されています。特に小学校低学年のお子さんは水に慣れていないため、監視体制を十分に整える必要があるとしています。

そのため、スポーツ庁では、海やプールで水泳の指導を行う際は「排水口の蓋の設置の有無を確認すること」「救命具を設置すること」「プール全体がくまなく監視できるよう、十分な人数の監視員を配置すること」などの注意喚起をおこなっています。


2020.05.22
文部科学省スポーツ庁「今年度における学校の水泳授業の取扱いについて」
スポーツ庁では、感染症の専門家の見解も踏まえ、プールの水が適切に管理されている場合は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の水中感染のリスクは低いとしています。

一方で、水泳の授業では多くの児童が同時にプールや更衣室を利用したり、複数の児童が組になり安全の確認をしたりするため、児童の密集・密接が想定され感染リスクが高まると指摘しています。

ドアノブや、シャワー・洗眼器の水栓など、児童が手を触れる箇所は、こまめに消毒を行う。検温や健康観察によって健康状態を把握し、体調が優れない児童は授業への参加を見合わせるなど、さまざまな感染拡大防止策をとったうえで、水泳の授業を行うよう呼びかけています。


出典:
文部科学省スポーツ庁ホームページ(https://www.mext.go.jp/sports/index.htm
文部科学省スポーツ庁「学校における児童・生徒等に対する指導等について」(https://www.mext.go.jp/sports/content/20200428-spt_kensport01-000006940_1.pdf


海上保安庁「今年もマリンレジャーでの海難事故には、十分に注意が必要」(5月1件)

2020.05.19
海上保安庁「ゴールデンウィーク期間中のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況」

今年のゴールデンウィーク中(令和2年4月29日~5月6日)のマリンレジャー活動に伴う、海難事故発生状況が発表されました。

海難発生数、死者・行方不明者数は昨年と比較して減少。これは、新型コロナウイルス感染症における緊急事態宣言の期間と重なったため、各地方公共団体において外出自粛要請が行われていたからと推測されます。

海上保安庁では、夏季に外出自粛要請が緩和された場合、例年同様マリンレジャーにおける海難事故が起こる可能性があり、十分に注意するよう呼びかけています。

出典:
海上保安庁ホームページ(https://www.kaiho.mlit.go.jp/
「ゴールデンウィーク期間中のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況」(海上保安庁)


2020年の夏は、例年どおりの水辺の事故防止策をとりながらも、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策も講じていかなければいけません。
一人一人がしっかりそなえることが、海での事故や感染拡大の予防につながります。

今後も海や子どもにまつわる情報を発信していきます。 ぜひ公式Twitterをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。

スキ、ありがとうございます!励みになります。
8
減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

こちらでもピックアップされています

海のお知らせノート
海のお知らせノート
  • 17本

官公庁からの海や水辺の安全情報や国内の海水浴場の開設情報、関連事業者のプレスリリース、海のそなえ推進プロジェクトのイベント情報など、海にまつわる最新情報をお届けしています。