海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

    マガジン

    • みんなと海のノート広場

      海が好き。海へ行きたい。世の中にあふれる海への想いを、編集部目線で集めさせていただきました。世の中に広がるたくさんの素敵で役立つnoteを、ぜひご一読ください。なかなか海へ行けなくても、海と私たちはつながっています。

    • 海のそなえPEOPLEノート

      わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。

    • 海の学びDATAノート

      ご家庭や学校で使える、海について学べる教材やマニュアル、情報を公開しています。海の危険生物やライフジャケット着用方法など、海で役立つ知識や情報を詰め込みました。

    • 海のお知らせノート

      官公庁からの海や水辺の安全情報や国内の海水浴場の開設情報、関連事業者のプレスリリース、海のそなえ推進プロジェクトのイベント情報など、海にまつわる最新情報をお届けしています。

    • 海のそなえ動画ノート

      海のそなえ推進事業で制作した動画をのせています。ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。

    リンク

    みんなと海のノート広場

    海が好き。海へ行きたい。世の中にあふれる海への想いを、編集部目線で集めさせていただきました。世の中に広がるたくさんの素敵で役立つnoteを、ぜひご一読ください。なかなか海へ行けなくても、海と私たちはつながっています。

    すべて見る

    海の街の子育て

     こんにちは。  子供達の宿題が終盤に差し掛かりほっとしています。中学生は夏の終わりに課題テストがあるそう。今のところ宿題以外はテニスしかしていません。  以前にも記しましたが、子供達が生まれて、小5と小3の始めに引っ越しをしました。  引っ越す前までは海に面した町で暮らしていました。その頃のお話です。  今回も画像は「みんなのフォトギャラリー」から使わせていただいています。ありがとうございます(*´꒳`*)  私が結婚し、子供が生まれて育てた町は海に面していました

    スキ
    98

    「海ごみ」のワークショップをやったあと、くら寿司行った息子が・・・

    本日、NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクトは、グローバルカンパニーであるネスレさんとコラボして「海のゴミ問題を考えよう」と題してマイクロプラスチックでキーホルダーをつくるワークショップを開催しました。 ネスレさんとはほんとは須磨海岸で地引網がしたかったんだが、コロナの影響で今年も出来ず・・・ これ、みんなでやりたかったな~と思いつつ、それでもチャレンジし続けるのが我がNPOの真骨頂。ってことで、須磨の海と中継でつなぎつつ、オンラインでワークショップを開催。 須磨

    スキ
    18

    海との向き合い方

    今日は僕にとって欠かせなくなった海との向き合い方についてまとめました。島国である日本においてそれぞれの向き合い方、考え方があると思います。少しでも皆さんの気付きや参考になれる部分があれば幸いです。 少年期の記憶 海から程遠い愛知県の内陸部に生まれ育ちました。海とは程遠い生活、身渡す限り田んぼに畑、、、幼い頃記憶の中には海の存在はあまりありませんでした。 部活に明け暮れた中学を卒業し、高校に進学すると、父親についてサーフィンを始めるようになった頃から自分の中で海という存在が

    スキ
    34

    泳げる子供にライフジャケットを着せたら、新しいゴミ拾いプロジェクトが爆誕した話

    SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称ってことは、かなり認知されてきていると思うが、これが2015年に国連サミットで採択されて、2016年から2030年までの15年間で達成しようとしている目標ってことはどれだけの人が知っているだろうか。 ワタシが知らなかったSDGsとはなんとなく、みんなが「えすでぃーじーず、えすでぃーじーず」言い出して、なんとなく「あぁ、なんか未来の地球のためにみんないいことしていこうや」的な

    スキ
    31

    海のそなえPEOPLEノート

    わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。

    すべて見る

    レジェンドサーファーがNPO団体を設立。今世の中に伝えたい、海のリスク、海をとりまく環境のこと

    鎌倉に伝説のサーファーと呼ばれる人物がいるのをご存じでしょうか。日本のサーフカルチャーを牽引し、盛り上げてきたプロサーファーの出川三千男さんです。出川さんは現在、鎌倉を拠点にNPO法人NAZeの代表として海文化を伝え、海を守るためのさまざまな活動に取り組んでいます。そんな出川さんに、NAZeを立ち上げた経緯や活動の軸にある想いを伺いました。 (プロフィール) 出川 三千男 NPO法人NAZeの代表。1950年、神奈川県鎌倉市稲村ヶ崎生まれ。海に親しむ環境の中でサーフィンに

    スキ
    2

    救助員の資格取得も! 「日本赤十字社」が推進する、溺者救助・水の事故防止のための「水上安全法」とは?

    世界各国に拠点を置き、人道支援活動を行う赤十字・赤新月社のうちの一つである日本赤十字社。推進する取り組みの一つに、水上安全法という水の事故防止から人命を守るための知識や技術を習得する講習があるのを知っていますか。今回は、日本赤十字社が水上安全法に取り組むようになった経緯や実際に行われている講習内容、そして事業に対する想いについて、講習普及業務を担当している日本赤十字社の武久伸輔さんと武藤裕美さんにお話を伺いました。 (プロフィール) 講習開始は昭和初期! 当初は溺者を救助

    スキ
    2

    廃棄漁網の再利用で機能性抜群のスクールリュック「UMI」! 海、子ども、そして未来のために作られた「UMI」の誕生秘話に迫る

    2015年の国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されて以降、さまざまな企業がSDGsに取り組んでいますが、2022年、ある企業が廃棄された漁網を再利用してこれまでにないスクールリュックを完成させました。作ったのは、「鞄の街」として知られる兵庫県豊岡市にある株式会社アートフィア―。今回は、アートフィア―の代表の土生田 昇さんにお会いして、スクールリュック「UMI」の誕生秘話や作り手として商品に込めた想いについて伺ってきました。 (プロフィール) 土生田 昇

    スキ
    8

    エースはボラ!出会えるのは地元に生息する生き物のみ!100%地元密着型の廃校水族館が今、注目されている理由

    全国にはさまざまな水族館がありますが、その中に廃校を活用した水族館として注目されている館があるのを知っていますか? それが、高知県室戸市にある「むろと廃校水族館」です。旧椎名小学校を改修し、2018年のオープン以来館長を務める若月元樹さんにインタビュー。館をオープンした経緯や廃校活用において壁となったことや生まれたメリット、館が果たす役割についてお話を伺い、今、むろと廃校水族館が注目されている理由に迫りました! (プロフィール) 負の遺産となりつつあった廃校。利活用の募集

    スキ
    4

    海の学びDATAノート

    ご家庭や学校で使える、海について学べる教材やマニュアル、情報を公開しています。海の危険生物やライフジャケット着用方法など、海で役立つ知識や情報を詰め込みました。

    すべて見る

    海へと続く町、海とともに暮らす町。横芝光町を自転車で巡ったら、すてきな景色に出あえました

    秋もすっかり深まり、冬の気配を感じはじめた、とある一日。千葉県・横芝光町を電動自転車で走るサイクリングツアー「よこしばひかり SUISUI 自転車さんぽ」が開催されました。 横芝光町はのどかな田園風景の先に、広々とした白い砂浜が続く、海とともにある町。電動自転車を漕ぎながら海を目指すと、そこに広がっていたのは、どこまでも続く空と海だけの空間でした。 今回は、そんな海を近くに感じるイベントに参加したメンバーによる体験レポートをお届けします。 海や川の恩恵は、いきいきと育つ

    スキ
    1

    子どもだけでなく、大人も学べて、楽しめて、癒やされる!秋の夜長に読みたい、絵本選びのプロがおすすめする海にまつわる絵本5選

    すっかり秋を感じる季節になりましたね。今回は、読書の秋ということで、海にまつわる絵本を5冊ご紹介します。絵本を選んでくださったのは、東京新聞で連載中の〈えほん〉コーナーを担当している、東京新聞 編集局生活部 長壁 綾子さん。お子さんはもちろん、大人も学べて楽しめる作品ばかりなので、長壁さんのおすすめポイントを参考にぜひ読んでみてくださいね。 (プロフィール) 水辺に行くすべての子どもと大人に読んでもらいたい!水辺のリスクを知り、楽しく学ぶのにベストな一冊『かっぱのふうちゃ

    スキ
    8

    水辺の活動をおこなう教育関係者の方必見! 6/26に開催した「幼児教育の現場から発信する水辺の安全」セミナーレポート

    昨年から引き続き、コロナ禍の影響下にある今年の夏。各地の海水浴場が閉鎖される中、例年と変わらず、海や川での水辺の事故のニュースが多く聞かれています。 今回は、そんな水辺の事故を防ぎ、安全で楽しい夏を過ごすために役立つ情報満載のセミナー「子どもの水辺安全セミナー 海と日本プロジェクト2021 幼児教育の現場から発信する水辺の安全〜楽しく安全な水遊びをどう伝えるか〜」をご紹介します。セミナーは6月26日、日本財団、子ども安全管理士協会YOKOHAMA、一般社団法人吉川慎之介基金

    スキ
    12

    キヌガワさんにライフジャケットのイロハ、教えてもらいました!

    海や川で、命を守るライフジャケット。必要だとわかっていても、いざ購入となると、どんなものを選べばいいか、どこで購入したらいいか、どう保管したら良いかなど疑問もたくさん出てくるのではないでしょうか。 今回は、そんなライフジャケット初心者の方に向けて、ライフジャケットをはじめとするマリンスポーツ製品のメーカーである株式会社キヌガワさん(https://www.kinugawa-net.co.jp/)に、ライフジャケットの基礎的な知識や購入場所についてをお聞きしてきました! 購入

    スキ
    15

    海のお知らせノート

    官公庁からの海や水辺の安全情報や国内の海水浴場の開設情報、関連事業者のプレスリリース、海のそなえ推進プロジェクトのイベント情報など、海にまつわる最新情報をお届けしています。

    すべて見る

    【2022年3月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(国土交通省、海上保安庁)まとめ

    一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2022年3月に通知された国土交通省、海上保安庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや心がまえに、ぜひお役立てく

    スキ
    5

    【2022年1~2月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土交通省)まとめ

    一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2022年1~2月に通知された国土交通省、海上保安庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや心がまえに、ぜひお役立

    スキ
    4

    【2021年12月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土交通省、日本ライフセービング協会)まとめ

    一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年12月に通知された国土交通省、日本ライフセービング協会、消費者庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや

    スキ
    7

    【2021年10~11月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土交通省、日本ライフセービング協会)まとめ

    一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年10~11月に通知された海上保安庁、国土交通省、日本ライフセービング協会のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々の

    スキ
    4

    海のそなえ動画ノート

    海のそなえ推進事業で制作した動画をのせています。ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。

    すべて見る

    トゲを触っちゃダメな理由が分かる、「海の危険生物 砂浜&磯場編」ムービー完成

    お待たせしました!浜辺や海辺へ行く前に見て欲しい、「海の危険生物」についてをぎゅぎゅっとまとめたムービーが完成しました。全3作です。 第1弾は「砂浜・磯場」編。紹介記事の執筆担当は、事務局磯野です。 私、名前の通り、生まれも育ちも海の近くの漁村。小学生時代の夏休みには毎日素潜りをしていたくらい、磯場には慣れ親しんでおります。が、動画を見てオドロキの連続。 見たことの無い生物が浜に打ち上げられていればつついていたし、ビーチサンダルで海へ行ってたし……。これって、意外と危な

    スキ
    11

    さわるとキケン!をさわってみるムービー、「海の危険生物 毒・武器・毒&トゲ編」紹介

    ハリセンボンに興味を持ってくださった方、こんにちは。私たちは今回、ハリセンボンも含む、「海の危険生物」に迫る動画を作成しました! 海の生物が生きるために備えた能力を、「毒」、「武器」、「毒&トゲ」の3つに分類し、水族館勤務歴25年の大鹿達弥さんによる、わかりやすい解説を盛り込んだ、見るだけで学べる内容になっています。 ご家族で、学校で、地域で、ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。 本記事では、動画を見ていただく前に少しだけ中身をご紹介します。動画のURLは最後に記載す

    スキ
    12

    ライフジャケットのイメージが変わる!豪華ゲストによる「海のファッションコーデコレクション」

    日本財団「海と日本プロジェクト」の一環としてライフジャケットを使った新しいファッションショー「海のファッションコーデコレクション」がクローズドで開催されました。今夏ますます耳にする水辺の事故を防ぎ、そなえの必須アイテム「ライフジャケット」にもっと注目してもらおうと企画された今回のショー。8月24日からYouTubeで動画が公開されています。本noteでは、当日のショーの様子をあらためて、レポート形式で詳しくご紹介します! ショーのゲストである女優でタレントの中山エミリさん、

    スキ
    18

    元・須磨海浜水族園で飼育員歴25年、神戸の海を愛す大鹿達弥さんにインタビュー!監修動画の見所を聞いてみた

    海のそなえ推進プロジェクトでは今年初の試みとして、海の危険生物にスポットを当てた動画を制作しました。その動画を監修してくださったのが、元神戸市立須磨海浜水族園で25年間勤務された大鹿達弥さん。 大鹿さん監修の動画は、体感5分。サクサクっと海の生物を学べて笑えて、2本見ても体感10分です(※感じ方には個人差があります)。 ▼「記事を読む前に動画を見たい!」という方はこちらから! 事務局磯野がインタビューをさせていただくと、知識量が豊富なだけでなく、水族館一筋のアツイ人だと

    スキ
    15