海のそなえPEOPLEノート

13

過疎地の小児科医が診察室を飛び出し、アプリ啓発を始めた理由とは

子どもが病気やケガをした時、すぐに相談する相手が思い浮かびますか? 慣れないことばかりで…

救命具からマリンスポーツギアへ、命を“守る”だけでない価値観を見つける

大手釣具メーカー「DAIWA」でプロモーションを行っている吉川隆さんは、経験則がなくても安全…

ファッション性を高めたライフベストが、未来の命を救う

「オシャレなライフベストを作りたいんですよね」と笑顔で話していた五十嵐芳朗さん。ぜひみな…

海岸研究45年!培った知識を世の中へ伝え、海辺を次世代に残したい

「砂の気持ちがわかるようになってきた」という、全国の渚を研究する宇多高明先生の発言に、取…

心の余裕、知識の余裕、体力の余裕、 “3つの余裕”で「危ない!」を防ぎたい

10月初旬なのに初夏のように晴れた鎌倉で、颯爽と自転車で現れた比留間悟さん。子どもの安全を…

“子どもの安全”を知らない大人が、 正しい知識を学ぶこと

子どもの傷病予防活動を行う「NPO法人 Safe Kids Japan」理事長であり、緑園こどもクリニック…

子どものアクティブな海あそびを守るには “見守り”よりも“道具”を使ったプロテク…

「子どもは0.5秒で転ぶ」を教えてくださったのは、子どもの日常生活行動から傷害予防工学の研…

命を守り、チャレンジをサポートする  それが、子どもにとってのライフジャケットな…

吉川優子さんは、お泊り保育の川遊びの最中に当時5歳だった息子さん・慎之介君を川の事故で亡…

【再掲載】2020年夏、海辺の子どもの安全を守るために必要な“3つのこと”/日本ライ…

本インタビューは、緊急事態宣言期間中の2020年5月1日に、旧サイトにて公開したものです。 緊…