マガジンのカバー画像

海のそなえPEOPLEノート

32
わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。
運営しているクリエイター

記事一覧

今までにない、ユニークを極めた「寿司ライフジャケット」が完成! 子ども用ライフジ…

これまでに本noteでもご紹介した水辺の安全に関わるメンバーたちが結集し、発足した「子どもの…

身近に起こり得る水辺のリスクから子ども達を守るために。伝え続けていきたい「サンダ…

知ることが、命を守ることにつながる。そんな想いから、海のそなえ事務局では海の事故ゼロを目…

「知っていれば守れる命がある」。気象データを扱うプロフェッショナルに天気を味方に…

「今日は雨だから傘を持っていこう」「寒い日になりそうだから、シャツを一枚多く重ねようかな…

学習塾にライフジャケットステーションを開設!元ミスさかいで河野さんインタビュー

2021年、香川県坂出市に新しい「ライフジャケットレンタルステーション」が開設されました。そ…

川の楽しさとリスク、その両方を知る大切さを伝え続ける河川財団・子どもの水辺サポー…

水辺に関わる場所といえば、海以外にも、川、湖、プールなどのさまざまな場所があります。今回…

【後編】「僕にとって海は大切なglobe」マーク・パンサーが語る、海と子どもと未来の…

前回に引き続き、マーク・パンサーさんのインタビューの後編です。海などの自然が身近にある暮…

シャチ大好き!愛らしくてユニークな海の動物を描き続ける漫画家・まつおるかさんインタビュー

心がゆったりとする大きな海原、耳に心地よい浜辺に打ち寄せる波。海にはさまざまな魅力がありますが、中でもさまざまな姿かたち、生態を持つ海の動物たちに心を惹かれる人も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな多様性のある海の動物たちのかわいいイラストを描き続けている漫画家・まつおるかさんに、海の動物、そして海の魅力について語っていただきました! まわりの友達にちょっと教えたくなる素敵なお話がたくさんあるので、ぜひこの夏休み中にお子さんと一緒に読んでみてくださいね! ***

スキ
32

【前編】「人生折り返し地点、楽しむのはこれから」 マーク・パンサー51歳、海辺の暮…

90年代の音楽業界で一世を風靡した小室ファミリーの一人、globeのマーク・パンサーさん。現在…

ラジオとサーフィン、アナログとデジタルの“波”を愛すラジオDJ・堀内尚子さんインタ…

ワンちゃん達と一緒に「ようこそ!」とご自宅に迎えてくれた堀内尚子さん。ラジオDJやイベント…

修学旅行中の旅客船沈没事故。全員生還の“奇跡”を生んだ現場対応と事前のそなえとは…

2020年11月、ある海難事故のニュースが話題になったのを知っていますか。 11月19日に香川県坂…

ライフジャケット検討委員会が2020年の水辺の安全活動を振り返り。オンライン座談会を…

2020年12月、ライフジャケットの普及を目的に活動を行うライフジャケット検討委員会が、2020年…

2020年に出会った、海にまつわる素敵な人々を振り返ってみました。

2020年は、本noteを開設した記念すべき年でした。そして、それぞれに海、水辺の安全、子どもの…

海、川、プール、日本の水辺の安全に取組む関係団体が集結!意見交換会を行いました!…

水辺をはじめ、子どもの安全を考える活動や取り組みを行う関係者が集まって2020年10月22日に行…

海、川、プール、日本の水辺の安全に取り組む関係団体が集結!意見交換会を行いました!【前編】活動報告プレゼンテーション

2020年10月22日、水辺をはじめ、子どもの安全を考える活動や取り組みを行う関係者の意見交換会がオンラインにて行われました。海、川、プール、学校内などの枠組みを越えて、「子どもの安全」という大義の下、関係者が一堂に会するのは今回が初めて。各自が取り組んでいる活動の紹介や解決すべき課題、そしてこれからの展望について、知見の共有と意見が交わされました。 本会で水辺の安全における課題としてまず挙がったのは、水辺の事故に関わる情報の集約と管理。再発防止や予防につなげるための国内の

スキ
11