マガジンのカバー画像

海のそなえPEOPLEノート

37
わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。
運営しているクリエイター

記事一覧

救助員の資格取得も! 「日本赤十字社」が推進する、溺者救助・水の事故防止のための…

世界各国に拠点を置き、人道支援活動を行う赤十字・赤新月社のうちの一つである日本赤十字社。…

廃棄漁網の再利用で機能性抜群のスクールリュック「UMI」! 海、子ども、そして未来…

2015年の国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されて以降、さまざまな企業がSD…

エースはボラ!出会えるのは地元に生息する生き物のみ!100%地元密着型の廃校水族館…

全国にはさまざまな水族館がありますが、その中に廃校を活用した水族館として注目されている館…

障がい者向けサーフィン体験を実施。インクルーシブな社会を目指す活動がもたらしてく…

鎌倉には海を舞台にさまざまな活動をされている人、団体がたくさんありますが、今回は障がいや…

海苔養殖にSUP体験、潮干狩り…そして遂に大型イベントも開催!須磨の海を豊かにする…

2022年の夏は外出する人が増え、海、陸問わず、野外イベントの開催も散見されましたね。そこで…

今までにない、ユニークを極めた「寿司ライフジャケット」が完成! 子ども用ライフジ…

これまでに本noteでもご紹介した水辺の安全に関わるメンバーたちが結集し、発足した「子どもの…

身近に起こり得る水辺のリスクから子ども達を守るために。伝え続けていきたい「サンダルバイバイ」のお話

知ることが、命を守ることにつながる。そんな想いから、海のそなえ事務局では海の事故ゼロを目指すために「知識のそなえ」を大事にしています。今回は、同じように想いを掲げて水辺の安全活動に取り組む、NPO法人AQUAkids safety projectの代表のすがわらえみさんにインタビュー。すがわらさんの活動のきっかけやメディアでも話題となった「サンダルバイバイ」プロジェクトを実施した経緯について、詳しくお話を伺いました。 *** (プロフィール) すがわら えみ 小児喘息を

スキ
15

「知っていれば守れる命がある」。気象データを扱うプロフェッショナルに天気を味方に…

「今日は雨だから傘を持っていこう」「寒い日になりそうだから、シャツを一枚多く重ねようかな…

学習塾にライフジャケットステーションを開設!元ミスさかいで河野さんインタビュー

2021年、香川県坂出市に新しい「ライフジャケットレンタルステーション」が開設されました。そ…

川の楽しさとリスク、その両方を知る大切さを伝え続ける河川財団・子どもの水辺サポー…

水辺に関わる場所といえば、海以外にも、川、湖、プールなどのさまざまな場所があります。今回…

【後編】「僕にとって海は大切なglobe」マーク・パンサーが語る、海と子どもと未来の…

前回に引き続き、マーク・パンサーさんのインタビューの後編です。海などの自然が身近にある暮…

シャチ大好き!愛らしくてユニークな海の動物を描き続ける漫画家・まつおるかさんイン…

心がゆったりとする大きな海原、耳に心地よい浜辺に打ち寄せる波。海にはさまざまな魅力があり…

【前編】「人生折り返し地点、楽しむのはこれから」 マーク・パンサー51歳、海辺の暮…

90年代の音楽業界で一世を風靡した小室ファミリーの一人、globeのマーク・パンサーさん。現在…

ラジオとサーフィン、アナログとデジタルの“波”を愛すラジオDJ・堀内尚子さんインタビュー

ワンちゃん達と一緒に「ようこそ!」とご自宅に迎えてくれた堀内尚子さん。ラジオDJやイベントMCなどで活躍する中、彼女のライフスタイルの一部となっているのが、サーフィン。ハードスケジュールの合間をぬって、ほぼ毎日彼女が海にいく理由は、「自分が素直になれる場所」だから。詳しいお話と、ご自身の乳がん経験から立ち上げた、「ハローサンシャインプロジェクト」への想いなど、編集部の河田と磯野が伺いました。 *** 堀内尚子 東京都生まれ。高校時代にボディボードを始め、現在はオールジャン

スキ
8