海の学びDATAノート

11

さわるとキケン!をさわってみるムービー、「海の危険生物 毒・武器・毒&トゲ編」紹介

ハリセンボンに興味を持ってくださった方、こんにちは。私たちは今回、ハリセンボンも含む、「海の危険生物」に迫る動画を作成しました!

海の生物が生きるために備えた能力を、「毒」、「武器」、「毒&トゲ」の3つに分類し、水族館勤務歴25年の大鹿達弥さんによる、わかりやすい解説を盛り込んだ、見るだけで学べる内容になっています。

ご家族で、学校で、地域で、ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。

本記事で

もっとみる
海のこと、語り合いましょう。
2

トゲを触っちゃダメな理由が分かる、「海の危険生物 砂浜&磯場編」ムービー完成

お待たせしました!浜辺や海辺へ行く前に見て欲しい、「海の危険生物」についてをぎゅぎゅっとまとめたムービーが完成しました。全3作です。

第1弾は「砂浜・磯場」編。紹介記事の執筆担当は、事務局磯野です。

私、名前の通り、生まれも育ちも海の近くの漁村。小学生時代の夏休みには毎日素潜りをしていたくらい、磯場には慣れ親しんでおります。が、動画を見てオドロキの連続。

見たことの無い生物が浜に打ち上げられ

もっとみる
うれしいです!!!絶対またきてください!!!
5

紫外線のこと、海水温の違い、子連れで海へ行く最適な日を教えます/海のお天気教室note版

いざ「海へ行こう!」と決めたとき、気になるのが天気のことではありませんか?

お子さん連れだとなおさら。そこで、全国のお子さんを持つ読者の皆さんに、思いきり楽しく、かつ安全に過ごしてほしいと思った海のそなえ事務局は、気象予報士である今井明子さんにインタビューを行いました!

実際にお子さんを持つ保護者の方から質問を集め、リアルな疑問に答えていただいています。質問に「あるある〜」と思いながら、「メモ

もっとみる
ありがとうございます!SNSでシェアしてくれるとさらに喜びます
8

全国からヒーロー続出のイベント「海ロデオ」をカナヅチがご説明します

いきなり結論からいいますと……
海ロデオのイベントに参加することは、「ヒーロー」に近付くことなのです!

「どういうこと?」と思ったあなた、まずは「海ロデオ」の概念を知るところから始めていきましょう。

「海ロデオ」は私たち、海のそなえ事務局の大元である、海のそなえソーシャルアクション事業が昨年から実施している、小学生を中心にした海への関心や好奇心を喚起するイベントです。イベントを通して海の問題へ

もっとみる
ありがとうございます!よくぞ見つけてくださいました!
9

気象予報士さんに聞いた、海で気をつけるべき雨と雷と風の話/海のお天気教室note版

「大気が不安定なので、注意しましょう」は雷の合図だと知っていますか?

知らなかった方……はい、私もその一人です。

「雨が降ったら遊泳禁止」、「雷が鳴ったら海を出て避難」などのほか、「雨水は冷たい」といったピンポイントの知識しか持っていないことに気付いた私たち海のそなえ事務局。

「具体的かつ実践的な海の情報を届けねばならぬ!」ということで、気象予報士であり、サイエンスライターであり、2児のママ

もっとみる
うれしいです!!!絶対またきてください!!!
7

目からウロコの衝撃を7000文字でお届け!「親子で学ぶ!夏の子ども安全教室オンライン~水辺の安全~」セミナーレポート

こんにちは、海のそなえ事務局の河田です。
今年はさまざまなオンラインイベントが日々開催されていますが、先日、新たな水辺の安全に関するオンラインセミナー「親子で学ぶ!夏の子ども安全教室オンライン~水辺の安全~」(主催:子ども安全管理士協会YOKOHAMA)がおこなわれるということで、早速参加してきました!

期待以上の目からウロコの学びと発見があり、みなさんにもぜひ知ってもらいたいと思ったので、どん

もっとみる
お目が高い…!また読みに来てくださいね
9

保護者に役立つ冊子PDFを発見!「Love&Safety 子どもの安全管理~水辺の事故を減らすために、今できること~」

みなさん、ライフジャケットの選び方ってご存知ですか?
とくにお子さんが使うものの場合、何を基準に選んだら良いかわからない方も多いはず。

そんなときに見ていただきたいのがこちら!
「Love&Safety 子どもの安全管理~水辺の事故を減らすために、今できること~」。

中身を少しだけご紹介すると……

イラスト付きのライフジャケットの選び方が!
ポイントをイラストと一緒に紹介しているので、初めて

もっとみる
海の事故ゼロの未来をつくるノートです!フォローも何卒
9

【全国版】日本ライフセービング協会が発行した資格を所有する認定ライフセー バーが活動する海水浴場状況(2020.07. 14現在)

どれだけ準備をし、慎重にそなえても、海ではいつどんな事故が起こるかわかりません。いざというときのためにも、ライフセーバーのいる海水浴場へ行くことが大切です。

このページには、日本ライフセービング協会が認定するライフセーバーが活動する全国の2020年夏の海水浴場開設状況をまとめました。全国にはこのページに掲載されているところ以外にも多くの海水浴場がありますので、海へ行く前にはできるだけ、各海水浴場

もっとみる
うれしいです。ぜひアカウントもフォローしてください
18

実践的な水辺の事故防止策を学べるICT教材「Swim&Survive」公開中

このページでは、公益財団法人日本ライフセービング協会が制作した、子どもたちの水辺の事故防止、安全を守るために役立つ情報や知識を学べるICT教材や資料をご紹介します。

ICT教材とは?
コンピューターやインターネットなどのICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を活用して学ぶことができる教材のことです。家や学校のパソコンやタブレット端

もっとみる
スキ、ありがとうございます!励みになります。
16

Zoomで講座開催!全国の親子14組と考えた海辺の安全

2020年6月14日、小学生以下の子どもと保護者を対象にした「守ろう!いのち 学び合おう水辺の安全セミナー」が、ビデオ会議ツールのZoomを使って開催されました。

主催は吉川慎之介記念基⾦代表理事の吉川優子さんと、日本ライフセービング協会副理事長・教育本部長の松本貴行さんのおふたり。わたしたち“海のそなえ推進プロジェクト”も実施のサポートをさせていただきました。

今夏は、新型コロナウイルス感染

もっとみる
ありがとうございます!SNSでシェアしてくれるとさらに喜びます
12