海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

救命具からマリンスポーツギアへ、命を“守る”だけでない価値観を見つける

大手釣具メーカー「DAIWA」でプロモーションを行っている吉川隆さんは、経験則がなくても安全…

ファッション性を高めたライフベストが、未来の命を救う

「オシャレなライフベストを作りたいんですよね」と笑顔で話していた五十嵐芳朗さん。ぜひみな…

ラッキーボーイ爆誕の水辺の安全を学ぶオンラインセミナーに参加してきました!

こんにちは、海のそなえ事務局の河田です。 先日、新たな水辺の安全に関するオンラインセミナ…

海岸研究45年!培った知識を世の中へ伝え、海辺を次世代に残したい

「砂の気持ちがわかるようになってきた」という、全国の渚を研究する宇多高明先生の発言に、取…

心の余裕、知識の余裕、体力の余裕、 “3つの余裕”で「危ない!」を防ぎたい

10月初旬なのに初夏のように晴れた鎌倉で、颯爽と自転車で現れた比留間悟さん。子どもの安全を…

“子どもの安全”を知らない大人が、 正しい知識を学ぶこと

子どもの傷病予防活動を行う「NPO法人 Safe Kids Japan」理事長であり、緑園こどもクリニック…