海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

    マガジン

    • 海のそなえPEOPLEノート

      わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。

    • 海のお知らせノート

      官公庁からの海や水辺の安全情報や国内の海水浴場の開設情報、関連事業者のプレスリリース、海のそなえ推進プロジェクトのイベント情報など、海にまつわる最新情報をお届けしています。

    • みんなと海のノート広場

      海が好き。海へ行きたい。世の中にあふれる海への想いを、編集部目線で集めさせていただきました。世の中に広がるたくさんの素敵で役立つnoteを、ぜひご一読ください。なかなか海へ行けなくても、海と私たちはつながっています。

    • 海の学びDATAノート

      ご家庭や学校で使える、海について学べる教材やマニュアル、情報を公開しています。海の危険生物やライフジャケット着用方法など、海で役立つ知識や情報を詰め込みました。

    • 海のそなえ動画ノート

      海のそなえ推進事業で制作した動画をのせています。ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。

    リンク

    記事一覧

    救命具からマリンスポーツギアへ、命を“守る”だけでない価値観を見つける

    大手釣具メーカー「DAIWA」でプロモーションを行っている吉川隆さんは、経験則がなくても安全…

    ファッション性を高めたライフベストが、未来の命を救う

    「オシャレなライフベストを作りたいんですよね」と笑顔で話していた五十嵐芳朗さん。ぜひみな…

    ラッキーボーイ爆誕の水辺の安全を学ぶオンラインセミナーに参加してきました!

    こんにちは、海のそなえ事務局の河田です。 先日、新たな水辺の安全に関するオンラインセミナ…

    海岸研究45年!培った知識を世の中へ伝え、海辺を次世代に残したい

    「砂の気持ちがわかるようになってきた」という、全国の渚を研究する宇多高明先生の発言に、取…

    心の余裕、知識の余裕、体力の余裕、 “3つの余裕”で「危ない!」を防ぎたい

    10月初旬なのに初夏のように晴れた鎌倉で、颯爽と自転車で現れた比留間悟さん。子どもの安全を…

    “子どもの安全”を知らない大人が、 正しい知識を学ぶこと

    子どもの傷病予防活動を行う「NPO法人 Safe Kids Japan」理事長であり、緑園こどもクリニック…

    救命具からマリンスポーツギアへ、命を“守る”だけでない価値観を見つける

    救命具からマリンスポーツギアへ、命を“守る”だけでない価値観を見つける

    大手釣具メーカー「DAIWA」でプロモーションを行っている吉川隆さんは、経験則がなくても安全に身を守る術として、「ライフジャケットを着けること」を教えてくださいました。

    そして世の中へライフジャケットの必要性を伝えるには、「救命具の価値観を変えなければいけない」とも力強くおっしゃっていたのを覚えています。

    各地での海水浴場の閉設、外出自粛など、例年とは状況が違う2020年の夏。この状況を前に、

    もっとみる
    ファッション性を高めたライフベストが、未来の命を救う

    ファッション性を高めたライフベストが、未来の命を救う

    「オシャレなライフベストを作りたいんですよね」と笑顔で話していた五十嵐芳朗さん。ぜひみなさんにもその熱を、読んで感じてただきたいです。

    例年とは状況が違う今年の夏。水辺の事故に関する報道は例年と変わらず、すでに耳にすることが多くなっています。私たち大人ができることは何か。改めて考えるきっかけになったらと思います。

    本インタビューは、2018年〜2019年度、旧サイトにて公開したものです。

    2

    もっとみる
    ラッキーボーイ爆誕の水辺の安全を学ぶオンラインセミナーに参加してきました!

    ラッキーボーイ爆誕の水辺の安全を学ぶオンラインセミナーに参加してきました!

    こんにちは、海のそなえ事務局の河田です。
    先日、新たな水辺の安全に関するオンラインセミナー「親子で学ぶ!夏の子ども安全教室オンライン~水辺の安全~」(主催:子ども安全管理士協会YOKOHAMA)が開催されるということで、早速参加してきました!

    期待以上の目からウロコの学びと発見があり、みなさんにもぜひ知ってもらいたいと思ったので、どんな内容だったのかをこれから詳しく紹介していきます。

    「親子で

    もっとみる
    海岸研究45年!培った知識を世の中へ伝え、海辺を次世代に残したい

    海岸研究45年!培った知識を世の中へ伝え、海辺を次世代に残したい

    「砂の気持ちがわかるようになってきた」という、全国の渚を研究する宇多高明先生の発言に、取材陣はどよめき、「カッコいい……」とときめきました。

    例年とは状況が違う今年の夏。水辺の事故に関する報道は例年と変わらず、すでに耳にすることが多くなっています。私たち大人ができることは何か。このインタビューを読んでいただき、改めて考えるきっかけになったらと思います。

    本インタビューは、2018年〜2019年

    もっとみる
    心の余裕、知識の余裕、体力の余裕、
“3つの余裕”で「危ない!」を防ぎたい

    心の余裕、知識の余裕、体力の余裕、 “3つの余裕”で「危ない!」を防ぎたい

    10月初旬なのに初夏のように晴れた鎌倉で、颯爽と自転車で現れた比留間悟さん。子どもの安全を守るためには、3つの余裕が必要だということを、まっすぐ語ってくださいました。

    各地での海水浴場の閉設、外出自粛など、例年とは状況が違う2020年の夏。それでも水辺の事故に関する報道は例年と変わらず、すでに耳にすることが多くなっています。この状況を前に、私たち大人ができることは何か。改めて考えるきっかけになっ

    もっとみる
    “子どもの安全”を知らない大人が、
正しい知識を学ぶこと

    “子どもの安全”を知らない大人が、 正しい知識を学ぶこと

    子どもの傷病予防活動を行う「NPO法人 Safe Kids Japan」理事長であり、緑園こどもクリニック院長でもある山中龍宏さんには、事故を防ぐために大人ができることをお聞きしました。

    診察が終わった静かな病院で、ぎゅうぎゅうになりながらインタビューさせていただいたことを思い出します。

    2020年夏、多くの海水浴場が閉設を宣言したり、外出を控える人も多いと予測されていますが、すでに悲しい海の

    もっとみる