海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

    マガジン

    • 海のそなえPEOPLEノート

      わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。

    • 海のお知らせノート

      官公庁からの海や水辺の安全情報や国内の海水浴場の開設情報、関連事業者のプレスリリース、海のそなえ推進プロジェクトのイベント情報など、海にまつわる最新情報をお届けしています。

    • みんなと海のノート広場

      海が好き。海へ行きたい。世の中にあふれる海への想いを、編集部目線で集めさせていただきました。世の中に広がるたくさんの素敵で役立つnoteを、ぜひご一読ください。なかなか海へ行けなくても、海と私たちはつながっています。

    • 海の学びDATAノート

      ご家庭や学校で使える、海について学べる教材やマニュアル、情報を公開しています。海の危険生物やライフジャケット着用方法など、海で役立つ知識や情報を詰め込みました。

    • 海のそなえ動画ノート

      海のそなえ推進事業で制作した動画をのせています。ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。

    リンク

    記事一覧

    Zoomで講座開催!全国の親子14組と考えた海辺の安全

    2020年6月14日、小学生以下の子どもと保護者を対象にした「守ろう!いのち 学び合おう水辺の…

    【2020年5~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(スポーツ庁、気…

    毎年、海や川などの水辺に行く機会が増える夏に向けて、官公庁から、海や水辺にまつわる安全や…

    【2020年5~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(公益財団法人日…

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下で「新たな生活様式」が実践されつつある中、今…

    過去20年間の海水浴場での救助実態を調査、主な要因は「離岸流」「風」「泳力不足」で…

    子どもから大人まで楽しく時間を過ごす海水浴場で、どんな事故が起きる可能性があるのか。海水…

    廃材ライフジャケットの次はバリアフリービーチ、山形の力が結集した異色の公益任意団…

    (プロフィール) 公益任意団体ドリームやまがた里山プロジェクト 事務局長 高橋雅宣さん 山…

    【再掲載】2020年夏、海辺の子どもの安全を守るために必要な“3つのこと”/日本ライ…

    本インタビューは、緊急事態宣言期間中の2020年5月1日に、旧サイトにて公開したものです。 緊…

    Zoomで講座開催!全国の親子14組と考えた海辺の安全

    Zoomで講座開催!全国の親子14組と考えた海辺の安全

    2020年6月14日、小学生以下の子どもと保護者を対象にした「守ろう!いのち 学び合おう水辺の安全セミナー」が、ビデオ会議ツールのZoomを使って開催されました。

    主催は吉川慎之介記念基⾦代表理事の吉川優子さんと、日本ライフセービング協会副理事長・教育本部長の松本貴行さんのおふたり。わたしたち“海のそなえ推進プロジェクト”も実施のサポートをさせていただきました。

    今夏は、新型コロナウイルス感染

    もっとみる
    【2020年5~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(スポーツ庁、気象庁、消費者庁)まとめ

    【2020年5~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(スポーツ庁、気象庁、消費者庁)まとめ

    毎年、海や川などの水辺に行く機会が増える夏に向けて、官公庁から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。

    ※このページでは、2020年5月~6月に通知されたスポーツ庁、気象庁、消費者庁のお知らせの情報をまとめました。

    今年の夏は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防策をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけませ

    もっとみる
    【2020年5~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(公益財団法人日本ライフセービング協会)まとめ

    【2020年5~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(公益財団法人日本ライフセービング協会)まとめ

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下で「新たな生活様式」が実践されつつある中、今夏の海水浴場の開設や海岸利用状況も気になるところですよね。

    こちらのページでは、海にまつわるさまざまな情報を発信している公益財団法人日本ライフセービング協会による、2020年夏に向けてのお知らせをまとめました。

    水難事故の防止や海での新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策について、具体的な情報をお

    もっとみる
    過去20年間の海水浴場での救助実態を調査、主な要因は「離岸流」「風」「泳力不足」でした

    過去20年間の海水浴場での救助実態を調査、主な要因は「離岸流」「風」「泳力不足」でした

    子どもから大人まで楽しく時間を過ごす海水浴場で、どんな事故が起きる可能性があるのか。海水浴を思いきり楽しむためにも、調査結果から実態を知り、海の安全への意識を高めることは大切ですよね。

    今回は、公益財団法人日本ライフセービング協会が、全国にある同協会認定のビーチで活動するライフセーバーからの1998年から約20年にわたるレスキュー内容の報告書をもとに取りまとめた「海水浴場における溺水の実態」をも

    もっとみる
    廃材ライフジャケットの次はバリアフリービーチ、山形の力が結集した異色の公益任意団体

    廃材ライフジャケットの次はバリアフリービーチ、山形の力が結集した異色の公益任意団体

    (プロフィール)
    公益任意団体ドリームやまがた里山プロジェクト 事務局長 高橋雅宣さん

    山形県内22のNPO法人や公益団体が一丸となり、県内で社会貢献事業や地域振興、ベンチャー支援事業などを展開するドリームやまがた里山プロジェクトの事務局長。高橋さんご本人は、山形市で広告代理店、株式会社ハイスタッフの代表やNPO法人エコリンクやまがたの理事長を務める。

    ドリームやまがた里山プロジェクトは、個々

    もっとみる
    【再掲載】2020年夏、海辺の子どもの安全を守るために必要な“3つのこと”/日本ライフセービング協会 教育本部長 松本貴行さんに聞く

    【再掲載】2020年夏、海辺の子どもの安全を守るために必要な“3つのこと”/日本ライフセービング協会 教育本部長 松本貴行さんに聞く

    本インタビューは、緊急事態宣言期間中の2020年5月1日に、旧サイトにて公開したものです。

    緊急事態宣言が解除された今、水辺での子どもの事故が多発しはじめていることが報道されています。
    例年とは大きく状況が異なる今夏。わたしたち大人は、どのように子どもたちの水辺の安全を守っていくのか。自粛生活を余儀なくされている期間中に、警鐘とヒントを与えてくれたのが、日本ライフセービング協会の教育本部長で、中

    もっとみる