海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

「海って、冬もめっちゃ良いんですよ」写真家・三浦安間に聞いた、鎌倉で暮らす理由

「朝起きて、窓から海が見える。それ以上に幸せなことはあるか?」 写真家の三浦安間さんが生…

2020年夏の海をPESさんと振り返った話。

HIP HOPアーティストとして音楽シーンで活躍する一方、サーフィン好きで仕事やプライベートで…

【2020年9月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土…

水辺の事故が増える夏だけでなく、一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や…

まずは知識をそなえて、海の危険を知ろう!海辺の用語集

海や川で楽しい思い出をつくるためにも、海辺には危険な面があることもしっかり知っておくこと…

まさかの登場!PESさん、音楽と海を語る。

日本を代表するHIP HOPアーティストの一人であり、サーフィン好きとしても知られているPESさん…

元・須磨海浜水族園で飼育員歴25年、神戸の海を愛す大鹿達弥さんにインタビュー!監修…

海のそなえ推進プロジェクトでは今年初の試みとして、海の危険生物にスポットを当てた動画を制…