海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

海の事故ゼロの未来をつくるノート

減らない海辺の事故、毎年平均30人もの子どもたちが犠牲となっている現状を変えるために活動しています。海辺のワクワクを安全に。noteでは最新の活動とメンバーの想いをお伝えします。私たちの活動は「海と日本PROJECT」の一環で実施しています。http://uminohi.jp/

    マガジン

    • 海のそなえPEOPLEノート

      わたしたちの活動に賛同し、ともに“子どもの海の事故ゼロ”を目指す方への取材記事や寄稿文を掲載しています。海や子どもに関わる人たちが抱く、さまざまな想いにふれてみてください。

    • 海のお知らせノート

      官公庁からの海や水辺の安全情報や国内の海水浴場の開設情報、関連事業者のプレスリリース、海のそなえ推進プロジェクトのイベント情報など、海にまつわる最新情報をお届けしています。

    • みんなと海のノート広場

      海が好き。海へ行きたい。世の中にあふれる海への想いを、編集部目線で集めさせていただきました。世の中に広がるたくさんの素敵で役立つnoteを、ぜひご一読ください。なかなか海へ行けなくても、海と私たちはつながっています。

    • 海の学びDATAノート

      ご家庭や学校で使える、海について学べる教材やマニュアル、情報を公開しています。海の危険生物やライフジャケット着用方法など、海で役立つ知識や情報を詰め込みました。

    • 海のそなえ動画ノート

      海のそなえ推進事業で制作した動画をのせています。ぜひお子さんと一緒にごらんくださいね。

    リンク

    最近の記事

    固定された記事

    「海の事故ゼロの未来をつくるノート」で、まず読んで欲しい記事をまとめました

    「海の事故ゼロの未来をつくるノート」に興味を持っていただき、ありがとうございます。海のそなえ事務局の磯野です。 このアカウントを訪れてくださった方に、「まず読んでほしい!」と思う記事をいくつかピックアップしてご紹介します。記事、そしてマガジンを掲載しているので、何から読もうかと思っている方は、ぜひ参考にして読んでください。 ①海辺の\ワクワク/を安全に。https://sonae.uminohi.jp/n/n4eb0e3ebed51 まずはこちら。今年で3年目の事業にな

    スキ
    36
      • 2022年の水難事故ニュースを振り返り、思うこと。

        こんにちは、海のそなえ事務局の河田です。   暑さは残るものの、朝晩は涼しくなり、秋の気配が強くなってきた今日この頃。先日、取材で鎌倉の海へ行きましたが、浜辺も真夏時よりは人も減ってやや落ち着き、穏やかな波音を響かせていて、「夏が終わった」ということを実感しました。   そんなひと夏が終わった今、今年の海状況というのを自分なりに少し振り返ってみたいと思い、今回記事を書かせていただきました。 今年の水難事故のニュースで感じた、二次被害のリスク 振り返れば、たしか6月頃から水

        スキ
        7
        • 今までにない、ユニークを極めた「寿司ライフジャケット」が完成! 子ども用ライフジャケットのデザインにチャレンジした武蔵野美術大学の学生アートチーム「さんにん」に制作秘話を聞きました

          これまでに本noteでもご紹介した水辺の安全に関わるメンバーたちが結集し、発足した「子どものライフジャケット普及プロジェクトチーム」。このたび、このプロジェクトチームがオリジナルライフジャケット「寿司ライフジャケット」をデザインしたということで、早速その制作秘話を聞かせてもらいたいと思い、インタビューを行いました! 今回、インタビューに応じてくださったのは、ライフジャケットをデザインした現代アートチーム「さんにん」のメンバーである平山美桜さん、坂上桜月さん、藤原珠莉亜さん。

          スキ
          16
          • 【2022年3月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(国土交通省、海上保安庁)まとめ

            一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2022年3月に通知された国土交通省、海上保安庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや心がまえに、ぜひお役立てく

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 海のそなえPEOPLEノート
            海の事故ゼロの未来をつくるノート
          • 海のお知らせノート
            海の事故ゼロの未来をつくるノート
          • みんなと海のノート広場
            海の事故ゼロの未来をつくるノート
          • 海の学びDATAノート
            海の事故ゼロの未来をつくるノート
          • 海のそなえ動画ノート
            海の事故ゼロの未来をつくるノート
          • 知ってほしい事業ノート
            海の事故ゼロの未来をつくるノート

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【2022年1~2月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土交通省)まとめ

            一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2022年1~2月に通知された国土交通省、海上保安庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや心がまえに、ぜひお役立

            スキ
            4

            身近に起こり得る水辺のリスクから子ども達を守るために。伝え続けていきたい「サンダルバイバイ」のお話

            知ることが、命を守ることにつながる。そんな想いから、海のそなえ事務局では海の事故ゼロを目指すために「知識のそなえ」を大事にしています。今回は、同じように想いを掲げて水辺の安全活動に取り組む、NPO法人AQUAkids safety projectの代表のすがわらえみさんにインタビュー。すがわらさんの活動のきっかけやメディアでも話題となった「サンダルバイバイ」プロジェクトを実施した経緯について、詳しくお話を伺いました。 *** (プロフィール) すがわら えみ 小児喘息を

            スキ
            15

            【2021年12月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土交通省、日本ライフセービング協会)まとめ

            一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年12月に通知された国土交通省、日本ライフセービング協会、消費者庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや

            スキ
            6

            【2021年10~11月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(海上保安庁、国土交通省、日本ライフセービング協会)まとめ

            一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年10~11月に通知された海上保安庁、国土交通省、日本ライフセービング協会のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々の

            スキ
            4

            「知っていれば守れる命がある」。気象データを扱うプロフェッショナルに天気を味方にそなえる習慣の大切さを教えてもらいました!

            「今日は雨だから傘を持っていこう」「寒い日になりそうだから、シャツを一枚多く重ねようかな」など、私たちの暮らしは気象に左右されることが多いですよね。でも、この気象情報がわかるからこそ、私たちは事前に対策を立てることができます。日々、天気のニュースを当たり前のように見ていますが、これって実はとても大事な習慣。学校や会社へ行く時、海や川、山へ出かける時、自分の命を守ってくれるそなえの1つでもあるんです。 今回は、そんな大事な気象情報を扱う会社で、気象データを使ったアスリート支援

            スキ
            8

            学習塾にライフジャケットステーションを開設!元ミスさかいで河野さんインタビュー

            2021年、香川県坂出市に新しい「ライフジャケットレンタルステーション」が開設されました。その場所は、第13代ミスさかいでの河野さんが運営する学習塾。「実は海は苦手で…」と話す河野さんが、なぜこの場所でライフジャケットの活動を始めたのか。きっかけや想いを伺いました。四国で広がるライフジャケット着用への動き、ぜひお読みください。 *** 河野 倭須子(こうの やすこ) 香川県坂出市で生まれ育つ。現在は同市にて学習塾「倭塾(やまとじゅく)」を開き、地域の子どもたちに学びを教え

            スキ
            5

            【2021年10月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(環境省、海上保安庁、日本ライフセービング協会)まとめ

            一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年10月に通知された環境省、海上保安庁、日本ライフセービング協会のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭での日々のそなえや心

            スキ
            3

            保護者107人に聞いた!「2021年春〜夏のお出かけ」意識と行動アンケート結果

            「今、保護者の方は、どこに出かけているのだろう?」 編集部の企画会議で出たひとつの疑問をきっかけに、保護者の方を対象に「2020年や2021年のレジャーに関するWEBアンケート」を実施(期間:2021年7月21日〜8月13日)。107名の保護者の方から回答をいただきました。 「コロナ禍で外出や行動を制限され、相当なストレスが溜まっているのではないか」という私たちの想定は合っているのか。だとしたら、どのようなストレスが溜まっているのか。 お子さんや保護者ご自身の普段の様子

            スキ
            14

            【2021年9月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(日本ライフセービング協会、警察庁、国土交通省、気象庁、海上保安庁)まとめ

            一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年9月に通知された日本ライフセービング協会、警察庁、国土交通省、気象庁、海上保安庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭で

            スキ
            4
          • 海の街の子育て

             こんにちは。  子供達の宿題が終盤に差し掛かりほっとしています。中学生は夏の終わりに課題テストがあるそう。今のところ宿題以外はテニスしかしていません。  以前にも記しましたが、子供達が生まれて、小5と小3の始めに引っ越しをしました。  引っ越す前までは海に面した町で暮らしていました。その頃のお話です。  今回も画像は「みんなのフォトギャラリー」から使わせていただいています。ありがとうございます(*´꒳`*)  私が結婚し、子供が生まれて育てた町は海に面していました

            スキ
            101
          • 「海ごみ」のワークショップをやったあと、くら寿司行った息子が・・・

            本日、NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクトは、グローバルカンパニーであるネスレさんとコラボして「海のゴミ問題を考えよう」と題してマイクロプラスチックでキーホルダーをつくるワークショップを開催しました。 ネスレさんとはほんとは須磨海岸で地引網がしたかったんだが、コロナの影響で今年も出来ず・・・ これ、みんなでやりたかったな~と思いつつ、それでもチャレンジし続けるのが我がNPOの真骨頂。ってことで、須磨の海と中継でつなぎつつ、オンラインでワークショップを開催。 須磨

            スキ
            18
          • 海との向き合い方

            今日は僕にとって欠かせなくなった海との向き合い方についてまとめました。島国である日本においてそれぞれの向き合い方、考え方があると思います。少しでも皆さんの気付きや参考になれる部分があれば幸いです。 少年期の記憶 海から程遠い愛知県の内陸部に生まれ育ちました。海とは程遠い生活、身渡す限り田んぼに畑、、、幼い頃記憶の中には海の存在はあまりありませんでした。 部活に明け暮れた中学を卒業し、高校に進学すると、父親についてサーフィンを始めるようになった頃から自分の中で海という存在が

            スキ
            33