Now Loading...

親子で学ぶ海のそなえ

日本財団 海と日本PROJECT

海を安全で安心に楽しむ 「3つのそなえ」

水の事故は、いつでもどこでも起こりうるもの。
だからこそ、少しでも事故を遠ざけることが大切です。
そのために必要なのは、日ごろの「そなえ」。
安全に安心して海で遊ぶために、
ぜひ、次の「3つのそなえ」を覚えてください。

1.知識の「そなえ」

たとえば、人は一瞬で溺れてしまうという事実や、海でやってはいけないことを知りましょう。

2.行動の「そなえ」

たとえば、誰かが溺れていたときの原則、「助けにいかない」「すぐに通報」「浮き具を投げる」など、万が一のときの対応策を身につけましょう。

3.装備の「そなえ」

たとえば、ライフジャケットなどの個人用浮き具を正しく選択・着用しましょう。

水辺の事故に関する調査結果を発表 (2018.7.7)

水難事故の 割が海で起きている

毎年1,000人近くが水難事故で命を落とし、そのうち約7割 が「海」での事故。子どもたちの犠牲者は、平均すると 毎年30人にものぼります。 海での遊泳中の死亡事故のほとんどが、危険な状況とは見なされにくいよくある状況で起きています。「晴れていた」「遊泳可能なエリアだった」 「複数人で行動していた」など、事故の多くが、 ありふれた状況で起きています。年々減少傾向にある海水浴客。それにも関わらず、 遊泳中の死亡事故は横ばい状態となっています。